てつのくじら館



海上自衛隊呉資料館 『てつのくじら館』 は退役潜水艦 『あきしお』・・・全長76m、重さ約2000t、1986から2004年まで実際に海上自衛隊で使用されていたもが陸揚げされ、滅多に入ることの出来ない艦内を見学する事が出来ます。艦長室や士官室などの生活の一部が見学でき、潜水中の環 境や生活を疑似体験できるほか、潜水艦の構造を実際に見て体感する事が出来ます。


薄暗い照明で海底をイメージし、機雷の種類を紹介するコーナー。機雷は海中や海底で通過する艦船を待ち受ける防御兵器。種類は2通りで、此方は海底の錨からワイヤーで繫ぐタイプ。 此方は浮きなどが無い、海底に横たわる敷設型です。


機雷処理ロボット「S-4」。モーターを2基備え有線誘導で進む。海底に沈んだ機雷の上に爆雷を落として処理をする。 乗組員の服装

沈没した潜水艦から乗員を救助するための潜水器「大気圧潜水器」を追加。
中に潜水員が入って操作します。最大300mまで潜水できます。
現在では、小型潜水艇「DSRV]を使用して救助しますので、この潜水器は使用していません


寝室・・・男性にはかなり狭い状態・・ 洗面所


士官食器室…司令、艦長、士官(幹部)用です。また、一般乗組員のキッチンは1階下にあるそうです 艦長室・・・スペースは畳み二枚くらいかな・・・


士官公室…司令、艦長を始め士官(幹部)が使用。此処で食事や仕事をするそうです 此れがハッチです。此れだけは写真の許可を貰いました。


2本の望遠鏡を備えた「あきしお」内の発令所。重量を調整するコントロールパネルや操舵席等が並んでいる。機器類は非常に精密でベテランの乗組員でないとそうさはできないそうである。艦内では昼夜の区別が判らなくなる為,日没後は赤色,昼間は白色灯を照らす。ソナー音を流し潜航や浮上する時の音の他、鯨の鳴声も聞こえ臨場感たっぷりである。潜望鏡は覗く事が出来,まるで海の中から見ている様に波が見えるようにしている。

この部屋は撮影禁止に成っていました。これは入館のとき戴いた、新聞に掲載された物をデジカメで撮って編集した物です。


今回内容の説明に付きましては、海上自衛隊呉資料館 館長様から助言頂きました。


『あきしお』 はこの様にして陸揚げされた



画像は海上自衛隊呉資料館様より拝借・・・許可済み